GMOとくとくBB WiMAX 2+サービスエリア拡充状況について

GMOとくとくBB WiMAX 2+エリア

 

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+だけには限りませんが
WiMAX 2+はサービス未提供のエリアでは

 

契約してもインターネットに接続することができません。

 

ですので、契約前にあなたの地域のエリア拡充状況や
自宅や職場などのピンポイント判定が大切な作業となります。

 

2013年の10月に始まったWiMAX2+のサービスも

 

4年半以上を経過して、サービスが始まっている地域も
日本全国でかなり拡充されてきています。

 

WiMAX2+の回線を所有・拡充しているのは
UQコミュニケーションズ株式会社ですね。

 

(近頃ではUQモバイルがわかりやすいでしょうか(笑)

 

とくとくBBは、UQコミュニケーションズの回線を借りて
WiMAX2+のサービスを提供しているMVNOとなっています。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+エリア確認

GMOとくとくBB WiMAX 2+のエリア判定方法は
こちらの記事でまとめてみましたが

 

必ずピンポイントエリア判定で検索をかけて

 

あなたの自宅や職場、学校などを
番地や号まで入力して判定してみることが大切です。

 

サービスが提供されているエリア(○)であれば

 

UQのトライワイマックスなどを利用して
室内での接続テストも強くおすすめします。

 

WiMAX2+は基本的にクーリングオフ対象外ですから
いったん契約した後のキャンセルや返品はできません。

 

その時点で違約金の対象になってしまいます。
(初期契約解除制度はありますが・・)

 

ですので、契約前の接続テストはやはり大切ですよ!

 

全国的にかなりエリアも拡充されてきましたし

 

東名阪エリアの一部から下り最大440Mbps対応と
高速モバイル回線へと進化していますから

 

エリア内ならば快適にネット接続が利用できるでしょう!