Speed Wi-Fi NEXT WX01

GMOとくとくBB WiMAX2+のデータ端末
Speed Wi-Fi NEXT WX01は販売終了となりました。

 

現在は後継機種のWX03が販売中となっています。

 

 

とくとくBBWX01

 

 

下り最大220Mbps対応の新端末
Speed Wi-Fi NEXT WX01のポイントなど、まとめてみます。
とくとくBBでも取り扱いがスタートされましたね。

 

WX01のメーカーは、NECプラットフォームズ
ですので、NAD11の次の機種といえますね。
MADE IN JIPANのルーターとなります。

 

専用のクレードルももちろんあります。
カラーは、パールホワイトとディープブルーの2色が用意されています。
(メタリックレッドも販売がスタートされました。)

 

利用できるモードも、NAD11と同じで

ノーリミット(WiMAX)とハイスピード(WiMAX2+)となります。
ただし、手動での切り替えはできません。

au4GLTEは利用できませんのでご注意ください。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01の主なスペックとして

 

寸法 約109mm×66mm×9mm
重さ 約97g
連続待受時間 約600時間(リモートなし)
同時接続 最大10台

 

そして、連続通信時間ですが
WX01では、Bluetooth接続も可能となっていて

 

 Bluetooth接続利用時

 

WiMAX2+(220M) 約8時間
WiMAX2+(110M) 約10.2時間
WiMAX 約13時間

 

 Wi-Fi接続利用時

 

WiMAX2+(220M) 約6.5時間
WiMAX2+(110M) 約8.5時間
WiMAX 約11時間

 

およそ、このくらいの連続通信が目安となっています。

 

 

とくとくBBWX01

 

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01のポイントとして
世界初の技術、4×4MIMOを利用して
下り最大220Mbpsに接続できる点が挙げられます。

 

4×4MIMOとは、基地局とルーターそれぞれに
4本のアンテナを搭載して、同時にデータを送受信する技術

 

また、無線LAN 5GHz帯に対応しましたので
より接続の安定性が強化された端末だといえますね。

 

(GMOとくとくBB WiMAX 2+では
Speed Wi-Fi NEXT WX01の販売が終了となっています。)