とくとくBBでW04とWX03を選ぶときのポイントは?

GMOとくとくBBwifiでW04とWX03の選び方

GMOとくとくBBWiMAX2+で販売中の人気データ端末

  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi NEXT WX03

どちらを選ぶ?か迷った時には
何を基準にして選択すればよいでしょうか?

 

WX03とW04の違いをまとめてみました。
Speed Wi-Fi NEXT W04

 

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+のSpeed Wi-Fi NEXT W04

 

 

(W04のスペックや特長はこちらの記事で)

 

W04で利用できるモードはハイスピードとハイスピードプラスエリア
au4GLTEとWiMAX 2+が使えます(WiMAXは利用できません。)

Speed Wi-Fi NEXT WX03

 

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+のSpeed Wi-Fi NEXT WX03

 

 

(WX03のスペックや特長はこちらの記事で)

 

WX03は利用できるモードがハイスピード(WiMAX 2+)のみ
au4GLTEおよびWiMAXは利用できません。

 

このようにW04とWX03の最大の違いとして
利用できるモードが挙げられるんですよね。

 

ですので、あなたがWX03とW04で迷った時は
この、利用できるモードの選択がキーとなります。

 

あなたが、au4GLTEを利用するケースがある場合はW04
au4GLTEが必要ないようであればWX03

 

ここはひとつの大きな基準になってくるといえるでしょう。

 

あなたがネットを使う行動範囲が

 

すべてWiMAX 2+のエリアでカバーされているようならWX03
WX03は都心部にお住まいの方向けだといえるでしょう。

 

W04は地方にお住まいの方、出張や旅行によく行く方など

 

WiMAX 2+が圏外のエリアでも、au4GLTEが使えますから
ネットが利用できる範囲としては広くなりますね。

 

ただし、au4GLTEを利用した月に限って
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

 

3年契約締結時を除く)
(auスマートバリュー mine適用期間を除く)

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+でW04とWX03の選択に迷ったときあなたにau4GLTEが必要かどうか?ここが大きな基準に!

 

念頭において検討してみてくださいね。

 

それでも、どうしても迷ったら・・
両方使えるSpeed Wi-Fi NEXT W04がおすすめです。

 

なお、補足として東名阪エリアを中心に
下り最大440Mbps対応のホームルーター

 

Speed Wi-Fi HOME L01も販売中となっています。

 

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+のL01

 

 

(L01のスペックや特長はこちらの記事で)

 

工事が不要でコンセントに差し込むだけで設置完了

 

持ち運びには不向きですが、小規模の事務所や店舗など
事業用として考えてみたい端末かもわかりませんね。

 

GMOとくとくBB WiMAXルーター

2017年11月にはWX03の後継機種となる
Speed Wi-Fi NEXT WX04の販売もスタート

 

ハイスピードプラスエリアモードが搭載されて
3年契約限定で提供される端末になっています。

 

さらに2018年1月下旬よりW04の後継機種
Speed Wi-Fi NEXT W05も登場となりました。