Speed Wi-Fi NEXT WX03

GMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT WX03販売開始

 

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+で取り扱いがスタートした
Speed Wi-Fi NEXT WX03の最大の特長は

 

東名阪エリアを中心に下り最大440Mbpsに対応

 

理論上は、従来の下り最大220Mbpsの倍の速度まで
対応したモバイルルーターとなっています。

 

ただしまぁ、実際に下り最大440Mbpsはちょっと難しいですが
より高速にネット接続が利用できる可能性はありますね。

 

4×4MIMOとキャリアアグリゲーションを合わせて

 

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03は下り最大440Mbps対応

 

 

下り最大440Mbpsが利用できるようになりました。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03の基本的なスペックとして

サイズ 高さ98mm×幅62mm×厚み9.3mm
重さ 約110g
同時接続 最大10台
連続待受時間 約1,100時間(休止状態)
連続通信時間 約440分(ハイパフォーマンスモード時)

約600分(ノーマルモード時)

 

利用できるモードはWiMAX 2+のみとなります。
WiMAXおよびau4GLTEは利用できません。

 

2.4インチの液晶ディスプレイが搭載され
スマホ感覚でタップで簡単に操作が可能となりました。

 

カラーバリエーションはホワイトゴールドとディープブルー

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+では、すべてのキャンペーンで
WX03の取り扱いがスタートとなっています。

 

なお、WX03はクレードルも改良されていて

 

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+のWX03クレードルセット

 

 

両側に拡張アンテナが採用され、室内での電波のキャッチが
より強化された端末になっていますよ。

 

キャッシュバック特典でクレードルセット希望なら
従来モデルのWX02よりメリットを感じるポイントですね!

 

2017年11月には後継機種となる
Speed Wi-Fi NEXT WX04の販売もスタート

 

ハイスピードプラスエリアモードが搭載されて
3年契約限定で提供される端末になっています。